東京コンテナ工業株式会社

代表挨拶

図2


代表取締役社長 黑崎 素弘
高崎製紙株式会社の関連会社として、1950年東京都北区王子に産声を上げた当社も、70年余の歴史を振り返れば、製袋から段ボール製造と、事業も時代の求めに応じて変化をしてきました。
社名のコンテナの意味でもある“包むもの”にこだわりを持ち、事業変革を続け成長をして行きたいと願っています。
製袋事業を段ボール製造事業に発展させた先人のように、教育研修や海外での事業展開など、変革を成し遂げながら社員と共に更なる発展を成しえてゆきたいと願っています。

 


Twttter インスタグラム Youtube Facebook